« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月28日 (日)

16-05 キユーピー株式会社 (東証一部: 2809)

16-05 キユーピー株式会社 (東証一部: 2809)

第103回定時総会

2016年2月26日(金曜) 午前10時

千代田区丸の内 東京国際フォーラム ホールA

最寄駅からの道案内: 要所に案内係を配置(JR有楽町駅)

金城の出席状況: 5年連続10回目

議決権を有する株主数: 
          102,766名(前年比△4,903名)

開会時点の出席人数: 1階席約3,500の5割くらい
           2階席は子供同伴株主専用としたようだ
           が、利用者はほとんどいなかった

フリードリンク: 
   カフェカウンターで紙コップ入りのほうじ茶(温)と冷水 

総会の前: 風景のビデオとPRビデオ上映 
      ロビーでパネル展示

事業報告: スライド、ナレーション使用
      社長(スライド併用)

質問: 文書によるもの 2件
    (26件中2件のみ回答、残りは後日ホームページ上で)
    会場での発言 9名(前年比±0)質疑打ち切りなし
    (事前申告制だが開会後に申し出た分を含めすべて回答)

所要時間: 1時間47分(前年比△9分)

お土産: (後渡し、開会前退場時入手可):
     キユーピーマヨネーズ 200g
     キユーピーノンオイルごま 150ml
         
 2015年11月期は増収増益で増配(マヨネーズ発売90周年配当を含む)。今期(16年11月期)は連結配当性向30%として、さらに増配予定。
      
 --会長職を新設して創業家出身の役員が就任するのはなぜか。

 「当社では会長は常時置かないが、必要に応じて創業家出身者が着き、主にコンプライアンス、リスクマネージメントなどを担当し、取締役会議長を務めることになっている。社長経験者は会長や副会長にはならない」

 --貧困層に対する奨学金制度を作れ。

 「創業者が私財を投じて作った組織があり、100名弱に無償の奨学金を提供している。会社からも寄付をしており、インターネットから応募することができる」

 --新日本監査法人を再任した理由は?

 「当社の担当チームには問題なした判断した」

 --代表取締役を複数にする定款変更が提案されているが何故か。

 「私のほかにもうひとり代表取締役を設ける。従来でも何かあったときには、代理人を設けることで対処可能であったが、会社の規模も大きくなったし、よりすばやい決定ができるように代表取締役を2名とすることにした」

 --部門別の業績を見ると加工食品部門が赤字だが......。

 「もともと10億円の赤字だったが、問題点を明確化するため中期経営計画で分離独立させ、アオハタを連結化し、高齢者対策、育児食等付加価値のある商品を投入することで赤字を7億圧縮、手ごたえが出始めている途上である」

 --同じく赤字のファインケミカル事業とは?

 「機能性食品の第一弾としてヒアルロン酸配合のサプリメントを開発した。主として子会社を通じて通信販売しているが、一部店頭販売も含めて今の2.5倍の売上を目指している」

 --中期計画での海外戦略は?

 「主力市場はアジアで、調味料中心。タイ、ベトナム、マレーシアのほか昨年インドネシアに製造販売会社を設立、フィリピンには駐在員事務所を開設した。北米では調味料と、タマゴの会社を持っているが、一般市場でのブランド展開を図る。ヨーロッパは昨年オランダに販売会社を作った。まだまだ売り上げは少ないが、ドレッシングを非常に使う市場なので今後に期待している」

 --社外取締役に女性の候補者がいるが、社内から女性取締役登用の見通しは。

 「残念ながらまだ女性の執行役員はいないが、部長は増えてきている。2018年に10%を目標に女性管理職を増やすよう努めており、育児休暇にもしっかり取り組むなど、環境は整えたのでもうしばらくお時間をいただきたい」

 今日も開会15分前ころ現れたお騒がせ男H。「昨年6月22日に逮捕され........」としゃべり始めたが何しろ広い会場なので気が付いた株主がどのくらいたか。開会直後に再び立ち上がり「議長!」と叫ぶ。議長は最初「席にお戻りください」と注意した後「動議ですか」と聞き、それならと苦笑しながら耳を傾けたが、結局採決は行わず,Hもしゃべるだけしゃべって、さっさと出て行った。

1_2

2_2




| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年2月25日 (木)

16-4 株式会社キャンドゥ(東証一部: 2698)

16-4 株式会社キャンドゥ(東証一部: 2698)

第22回定時総会

2016年2月25日(木曜) 午前10時

新宿区西新宿 ハイヤットリージェンシー東京
地下1階「センチュリールーム」

最寄駅からの道案内: なし
           (新宿駅西口からシャトルバス利用可)

金城の出席状況: 8年ぶり3回目
         
議決権を有する株主数: 47,863名

開会時点の出席人数: 座席数約650がほぼ満席で第2会場も
           設営

フリードリンク: なし  

総会の前: ロビーにヒット商品サンプル展示
      ロビーに当社のゆるキャラ「はっ犬ワンドゥ」   

事業報告: 事業の経過と成果 スライド、ナレーション使用
      「お客様の声」(顧客アンケートの集計と紹介)
      対処すべき課題 社長(スライド併用)

発言者: 15名(質疑打ち切りあり)

所要時間: 1時間45分

お土産(先渡し): のどしっとり4層保湿マスク 5P
          フェイクグリーンテラコッタポット
          手もみジューサー
          マイクロファイバーフェイスタオル
          ダイヤモンドパフ(鏡ガラス用汚れ落とし)
          除菌ウェットティッシュ 20枚入り×2
          い・ろ・は・す天然水(555ml)
          お好みせんべい 120g
          沖縄黒糖飴 130g 

 100円ショップ大手。2015年11月期は増収減益。一部上場10周年記念配当を落とす。

 --当社の食料品と同じものがスーパーで100円以下で売っていることがあるが大丈夫か。

 「価格が100円と決まっているのは強みでも、弱みでもあるが数としては売れている。今後とも競争力のある商品をどんどん出していく」

 --前期も第19期(12年11月期)の利益を抜くことができなかった。今期(16年11月期)の業績予想はどうなっているか。

 「今期予想は1月14日に公表している。売上68億、営業利益17億。増収増益を目指して頑張っている。昨年4月以降は売上も順調に伸びており、最近の円高も当社には追い風だ」

 --対処すべき課題の中で「MADE IN JAPAN」の強化に取り組むといっているが、むしろミャンマーやベトナムに力を入れるべきではないか。

 「100円ショップは高度成長とデフレのなかで成長し、当初はほとんどの商品が中国製だったが、その後中国製のメリットは低下してきており、運賃、関税等を考えると日本製の方が安いものも出てきている。ミャンマー、ベトナムはまだインフラが整備されていない」

 --株主優待を楽しみに株を買い増してきたが制度が変わって所有株数による優待券配布枚数の追加が無くなり一律になってしまった。

 「優待券はあくまで商品を知っていただくためのものであり、優待が配当に比較してアンバランスになっていたので、変更させていただいた。両者を合わせて、決して低い数字ではないと思う。
優待を楽しみにしておられた方には申し訳ないがご理解賜りたい。
最近自己株買いを発表したのも株主還元の一環だ」

 その後も繰り返し高齢の株主から優待制度変更に対する不満の意向表明があり、その都度場内から拍手。 

 --新任の監査等委員である取締役候補者は当社の監査法人であるトーマツの出身だが、問題ないのか。

 「留任する2名の方が法務、金融の専門家なので残るお一人は会計監査のプロが必要と思って選んだ。トーマツに在籍していたといっても15年以上前の話である」

 --B/Sの流動資産に計上されている信託受益権とは何か。

 「売上金を仕入先に支払う手形の期日まで運用しているもので年間2,300万円ほどの利益を得ている」

 --前期増収なのに減益の理由は?

 「既存店売上高の計画未達。消費税増税の反動による3月の売上減が想定以上に大きかった。円安の逆風と、人手不足による時給アップで販管費が増加。新規出店の経費が増加したが、前期中はまだフル稼働していないなど」

 --店の仕様が日本人向け過ぎないか。訪日客の目が日用品に向いてきたこともあり、インバウンド需要への取り組みが必要ではないか。

 「英語のホームページを作成した。店舗のカテゴリーサインを日英中韓の4か国語にしたほか商品名の一部にも英語表記を取り入れた。また日本製品、富士山、忍者、抹茶等を使った商品を強化している」

 会場のホテルはJR、小田急、京王の新宿駅から徒歩9分とやや遠いが、丸の内線西新宿駅からなら地下道直結で6分(所要時間はいずれも招集通知に記載の数字)とさほど遠くはない。招集通知は駅前から無料バス利用を案内しているが、これは、当社がチャーターしたものではなく、毎日運行されているホテルのシャトルバスのこと。前日のキューソー流通システムを含めて、今までハイアットリージェンシーでの総会で、このバスの存在を紹介したものはなかったように思うが。

1
2
3
45


| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-03 株式会社キューソー流通システム

16-03 株式会社キューソー流通システム
                 (東証一部: 9369)

第50回定時総会

2016年2月24日(水曜) 午前10時

新宿区西新宿 ハイアット リージェンシー 東京 
地下1階 「センチュリールーム」

最寄駅からの道案内: なし(丸ノ内線西新宿駅E4出口)

金城の出席状況: 4年連続4回目

議決権を有する株主数: 10,265名(前年比△2,976名)

開会時点の出席人数: 座席数約550の4割くらい

フリードリンク: なし 

総会の前: 風景のビデオとPRビデオ上映 

事業報告: 事業の成果 スライド、ナレーション使用
      対処すべき課題 社長(スライド併用)      

発言者: 5名(前年比△3名、質疑打ち切りなし)

所要時間: 1時間7分(前年比+14分)
 
お土産(後渡し、開会前退出時入手可) :

          キューピーハーフ 210g
          ディスペンパック 
           はちみつオリゴ&バター風味クリーム
           チョコ&ピーナッツ

 キューピー子会社の食品物流大手。2015年11月期は増収増益で創立50周年記念配当実施。 

 --毎年監査役が辞任しているが何故か。

 「昨年辞任された方は一身上の理由という以外、辞任の理由を示す意思はないとのことだった」

 --配当、株主優待など株主還元に対する考え方を聞きたい。

 「中期的な成長を目指しつつも安定配当継続が基本方針である。
2016~18年の中期経営計画では240億円の投資を予定しているので、内部留保の必要についてはご理解賜りたい。18年の配当性向は20%以上を目標としている。今期(16年11月期)については、現時点では増配を予定している。今後は株主優待より配当を優先し、適切に運営していきたい」

 --新日本監査法人に監査を依頼しているのはデメリットではないか。

 「監査役全員の合意で同法人の再任を決定した。東芝問題で行政処分を受けたが、当社の監査の有効性に影響をもたらすものではないと判断している」

 --コンプライアンスについて、内部監査部門を設置し、各支社に配置した担当者と共同で監査を行っているそうだが、それではなあなあになってしまうのではないか。

 「内部監査部門は社長直轄であり、各支社の担当者とは内部監査部門からの派遣者である。監査役と内部監査部門が帯同して監査をするということはなく、双方別々に監査し、報告する」

 お騒がせ男H今年のファッションはガラス玉(?)をちりばめた黒のニット帽。開会15分前ころ突然現れ、通路を歩き回りながら「理由もなく5回も逮捕されたのは何故だ」などとしゃべり始め、係員が2~3人寄ってきたが場内まったく無関心。所在無げに最前列中央部に腰を下ろしていたが、開会直後に再び立ち上がって「議長!議長!議長!」と10回ほど連呼し、「出席番号1番のHだ」と叫ぶも議長に適当にあしらわれて、しばらくしゃべった後そのまま出て行ってしまった。

Photo

2
3




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »