« 16-19 藤森工業株式会社(東証一部: 7917) | トップページ | 16-21 株式会社小松製作所 (東証一部: 6301) »

2016年6月22日 (水)

16-20 株式会社日本取引所グループ JPX

16-20 株式会社日本取引所グループ JPX
                 (東証一部: 8697)

第15回定時総会

2016年6月21日(火曜) 午前10時

中央区日本橋蠣殻町 ロイヤルパークホテル 3階
ロイヤルホール

最寄駅からの道案内: 半蔵門線水天宮前駅4番出口に案内係 

金城の出席状況: 2年ぶり2回目
         
議決権を有する株主数: 30,511名

開会時点の出席人数: 座席数約1,100の2割くらい

フリードリンク: ロビーで紙コップの冷茶と冷水 

総会の前: PRビデオ上映

事業報告: 事業の経過及び成果 スライド、ナレーション使用
      中期経営計画について CEO(スライド併用)

質疑応答: 文書によるもの 5件
      場内での発言 10名 質疑打ち切りなし

所要時間: 1時間56分

お土産(先渡し): 鶴屋吉信の菓子折(生菓子)

 国内唯一の上場取引所。2016年3月期は増収で3期連続の増益達成。

 開会冒頭熊本地震の被災者にお見舞いの言葉。 

 --我が国は海外諸国と比べて祝日が多く、ゴールデンウイークや年末年始などの連休もあるため、この間の相場変動で収益機会を失うことがある。祝日取引を始める考えはないか。

 「人員面、設備面の問題もあり、証券会社に与える影響も大きいので、十分議論の上検討したい」

 --当社は配当金を取締役会で決定することになっているので、株主が総会で配当について議論することができない。

 「会社法で取締役の任期が1年以内の場合は配当を取締役会で決定できることになっており、当社もこの条件に当てはまるので、定款で取締役会で配当を決めると定めている。取締役の過半数は社外取締役で透明性も高く、各ステークホルダーの意向も反映して決めているので決して株主軽視には当たらない。昨年の配当性向は60%で、株主総会を通していなくとも十分な決定の仕方だと思う」

 --取締役の任期が1年以内ならいいというのは詭弁だ。法律で定める最低限のことさえやればいいというのはおかしい。配当について総会で株主提案ができないのが問題なのだ。60%の配当性向はいいとしても、5年後には0になるかもしれない。

 「配当性向を0にするというのはよほどの事態で、そう簡単にはできない」

 --F社の株価は上場以来一度も売り出し価格を上回っていない。上場審査は適切だったか?

 「個別企業の内容に関する回答は差し控えさせていただくが、一般論として公募価格は幹事証券会社が決定するものである」

 --東京商品取引所(TOCOM)との合併の進捗状況はどうなっているか。

 「2006年第1次安倍政権発足直後に当取引所とTOCOM、東京穀物取引所3者を合併して総合取引所を作ることが閣議決定され、第2次政権でも再度閣議決定されたが、監督官庁(財務省、経済産業省、農林水産省)の調整が進んでいない。ただ今年の秋にJPXのデリバティブのシステムが更新されるとTOCOMもこれを利用することになっているが、TOCOMは赤字であり、頼まれたからといってそう簡単に引き取るわけにはいかない」

 --日経平均が日本の株式市況を代表する指数になっているのはなぜか。

 「TOPIXは全銘柄の加重平均だが、フィーリングとしては日経平均が日本の株式市況全体を最もよく表している。米国でもSPD500が著名だが、たった30銘柄で算出しているダウ平均が、フィーリングとしてはニューヨーク市場を最もよく表している。我々もTOPIXが使われるように努力はしているが、いかんせん日経平均にはTOPIXがなかった時代からの歴史がある」

 --日銀のマイナス金利政策が銀行に衝撃を与えているが、証券業界に対する影響はどうか。

 「金利収入が期待できなくなるので、固定金利の安全資産からリスク資産への移動が発生するのではないか、また内外金利差の拡大による円安が期待される。ただいずれにせよ効果が出るには時間が掛かるであろう」

 会場に入ると前部座席のかなりの範囲に招集通知が置いてある。
場内係員に聞いたところ関係者席だから座らないでほしいとのこと。開会間際になって背広姿の若者の集団が着席したので、若手社員による総会見学の席であったらしい。他社でも新社外取締役候補者などの控え用に株主席の一部をリザーブする例はあるが、大体は椅子の背もたれに「関係者席」などと書いた紙を貼ったりして区別している。書類を置いただけでは何のためかわからない。
日本取引所だったら、もっときちんと他社の総会の模範になるようなに対応を見せてほしい。

1

2
3


|

« 16-19 藤森工業株式会社(東証一部: 7917) | トップページ | 16-21 株式会社小松製作所 (東証一部: 6301) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112050/63815368

この記事へのトラックバック一覧です: 16-20 株式会社日本取引所グループ JPX:

« 16-19 藤森工業株式会社(東証一部: 7917) | トップページ | 16-21 株式会社小松製作所 (東証一部: 6301) »