« 16-26 マルハニチロ株式会社(東証一部: 1333) | トップページ | 16-28 株式会社サカタのタネ(東証一部: 1377) »

2016年7月28日 (木)

16-27 株式会社伊藤園 (東証一部: 2593)

16-27 株式会社伊藤園 (東証一部: 2593)

第51回定時総会

2016年7月27日(水曜) 午前10時

港区高輪 グランドプリンスホテル新高輪
国際館パミール 3階 崑崙(こんろん)

最寄駅からの道案内: 要所に案内係を配置
           (JR、京浜急行品川駅高輪口)
 
金城の出席状況: 6年連続11回目
         
議決権を有する株主数: 60,519名 
            (前年比△12,628名)

開会時点の出席人数: 座席数約2,600の4割くらい
           (満席には程遠い入りだが、一応
           第2会場の用意もあり)

フリードリンク: 第2会場休憩コーナー(北辰)で自社飲料の
         紙パックおひとり様2個まで
         会場入口で冷たいおしぼりサービス  

総会の前: PRビデオ上映  
      ロビーに製品を使った飾り付け

事業報告: スライド、ナレーション使用(大筋で報告書朗読)

発言者: 7名(前年比△2名) 質疑打ち切りあり

所要時間: 1時間35分(前年比+4分)

お土産(受付後入手可、入手後出席可):
     TULLY'S ハウスブレンド コーヒー粉 200g
     プレミアムティーバッグ宇治抹茶入り緑茶20袋
           Tully's Invitation Ticket 2枚
     (2~4名使用でドリンク50%OFF)

 2016年4月期は増収増益。配当据置。

  冒頭熊本地震の被災者に対するお見舞いの言葉。

 --最近海外でも無糖の茶飲料が好調のようだが、海外からの観光客に羽田空港国際線ターミナル4階の茶寮で試供品を提供したり、アンケートを取ったりしたらどうか。

 「無糖飲料は大変好調で、関心が高い。羽田では免税店の中に用意があり、成田、新千歳にも同様の設備がある。福岡からも話が来ている。これからはアンケートもやって2020年に向けてお茶文化を発信していきたい」

 --ISO14001を取得すると年間どの程度の費用が掛かるか。

 --平成12年に中央研究所が初めて取得し、現在ほとんどの部署で認証いただける態勢を整えている。費用は一概にいえないが数百万円規模といったところ。

 --前期タリーズコーヒーが増収減益だった理由は?

 「同社は新規出店が多く、直営店の比率が高い。前期減益の理由は、出店増に伴う一時的費用、人件費の上昇、特に首都圏での工事費アップである」

 --ITO EN(HAWAII)が土地を取得した目的は?

 「今借りているオフィスのレントが毎年上がっているので、将来を見据えて、事務所と新工場の建設用地として購入した」

 --今後の海外戦略は?

 「アメリカが最重点で。次がアジア。ヨーロッパは最後でまだ進出していない。中国には力を入れていないが、現在子会社を3社持ち、いずれも黒字である」

 --取締役が19名では多すぎないか。

 「事業が拡大中で国内だけで199拠点あり。各地区に役員が必要なことと、世代交代の時期にあたり若い世代を増やしているためである」

 --女性役員登用についての考え方は?

 「ぜひとも女性を役員にしたいと考えているが、あまり無理に女性を引っ張ると男性から苦情が来る。女性の研究所長が執行役員であるほか、子会社には女性の社長もいる」

 --世界的に抹茶ブームではないか。抹茶入りだけではなく、抹茶だけの製品を出すべきだ。

 「抹茶が世界的ブームであることは認識している。抹茶入りの製品は古くから出しており、抹茶100%飲料の製品化も研究している。鹿児島に抹茶の畑を作ったり、静岡工場に抹茶の新工場が完成したりしているが、溶けにくいなど問題も多い」

 --伊藤園レディーズ(ゴルフ)のトーナメント開催中、会場でもっと製品の宣伝をしたらどうか。

 (会長)
 「いいご意見ありがとうございます。やります。今決めました」

 --B/Sの負債が増えた理由は。

 「利益の増加に伴う未払い税金の増加、マイナス金利の導入にる401Kの割引率計算のやり直し、営業上の未払い金の増加などである」

 --最近ペットボトルより少し高いビン入りのお茶を出しているが、売れ行きは?

 「市場調査を兼ねてやっているところで、月1万本程度売れている」

 --九州地方で茶産地育成事業を展開しているが、熊本地震の影響は?

 「幸い施設、人員に影響はなかった。日本全体の茶畑が年々減少しているので、国産原料を安定的に確保し、コストを下げ、農家が収益を上げるように、今後とも努力して行きたい」    

 以前ロビーにペットボトルなどを積み上げて展示していたところ、閉会後これを崩して持ち帰ろうとする株主が手をだし、混乱して危険な状態になったことがあり、その後空の容器を使ったオブジェに変更されていた。今年は再び中身の入った容器を使った展示に戻っていたので、またみっともない騒動になるのではと心配したが、総会開会中に解体して希望者にお土産とは別にひとり1本ずつ配るやり方になっていた。

2016_1

2016_2

2016_3_2

|

« 16-26 マルハニチロ株式会社(東証一部: 1333) | トップページ | 16-28 株式会社サカタのタネ(東証一部: 1377) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112050/63976912

この記事へのトラックバック一覧です: 16-27 株式会社伊藤園 (東証一部: 2593):

« 16-26 マルハニチロ株式会社(東証一部: 1333) | トップページ | 16-28 株式会社サカタのタネ(東証一部: 1377) »