« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月28日 (日)

16-30 株式会社クリエイトSDホールディングス

16-30 株式会社クリエイトSDホールディングス
          (東証一部: 3148)

第19回定時総会

2016年8月26日(金曜) 午前10時

横浜市港北区新横浜 新横浜国際ホテル
マナーハウス南館2階 クイーンズホール

最寄駅からの道案内: 要所に案内係を配置(JR新横浜駅北口) 

金城の出席状況: 2年ぶり2回目
         
議決権を有する株主数: 10,776名

開会時点の出席人数: 座席数約650の5割くらい

フリードリンク: なし   

総会の前:健康相談室で各種健康診断(総会終了後も継続)   

事業報告: スライド、ナレーション使用

発言者: 11名 質疑打ち切りなし

所要時間: 1時間36分

お土産(先渡し): モアビタンD3000 3本パック
          救急ばんそうこう 2サイズ100枚
          デオドラントロールオンせっけん45ml
          デントヘルス 90g
          超快適マスク 7枚入り

 神奈川地盤のドラッグストア。2016年5月期は増収増益で過去最高益更新。増配(株式分割前換算)。

 (お騒がせ男H)
 --当社はY会長が立ち上げ、現在はH社長が会社の中心と考えてよいか。

 (お騒がせ男H)
 --神奈川県警の天下りを受け入れ、年間1,000万円も支払っているのはなぜか」

 「いずれも本総会の運営に直接関係がないのでお答えできません」

 --株式分割後、株価が低迷、乱高下しているが、これに対する見解は?

 「株価に関する見解は差し控えさせていただくが、本業への投資を優先して利益を上げ、地域のお客様に喜んでいただけるよう努力する」

 --惣菜、揚げ物、弁当などを取り扱う店が多くなった。今後もこういう店を増やしていくのか。

 「クリエイトをより便利に使っていただくためには、すぐ食べられる食品が重要だ。まだまだ実験段階だが、今後も増やしていきたい」

 --各店の売り場を統一してほしい。

 「神奈川では広い土地がないのでそれぞれの土地に合わせて店を建設しなければならず、すべての店舗を同じに設計するのは難しい」

 --食品を扱うようになってから、店がごちゃごちゃしてドンキホーテのようになってしまった。

 「現在一時的に混乱しているかもしれないが、当社の店舗運営の基本的な考え方に整理整頓というのがあり、今後とも取り組んでいきたい」

 --当社のポイントカードは全店共通だがスマフォ,LINEのサービスは対象外の店舗がある。

 「どちらも最近実験的に始めたもので、スマフォは48店舗、LINEアプリは20店舗で使える。拡大するか中止するかの判断には今しばらくお時間をいただきたい」

--当社のポイントは400ポイント貯まらないと使えない。1ポイントから使えるようにしてほしい。

 「そのようなやり方があることは承知しているが、現状貯める楽しみを味わっていただき、ある程度貯まってから使っていただくことにしている。ドラッグ業界ではまだこのようなやり方が一般的と認識している」

 --調剤薬局ではポイント2倍デーの適用がない。

 「調剤でポイントアップを販促に使うことは行政によって禁止されている」

 ドミナント戦略とはスーパー、コンビニ、ドラッグストア等でよく聞く言葉だが、当社の場合はその徹底ぶりが際立っているようで「こんなに集中出店して大丈夫か」という質問が今年も出た。

 お騒がせ男Hの活動範囲は都内だけかと思っていたら突如横浜に出現。本人も「出席票番号1番のHだ。東京から来た」と強調していた。

 ニューHは不信任案など提出せず、質疑応答が始まると真っ先に手を挙げ、質問に回答を得られなくともおとなしく席に残って拍手と挙手を繰り返し、再発言の機会を待つ。質問が出尽くした後ようやく再度指名を受け、立ち上がると新聞(朝日、毎日と何故か毎日小学生新聞)を掲げて一席ぶち始める。場内から「議事進行~」の声が掛かると激高して怒鳴りだし、場内係員が殺到。
野次が「退場!退場!」に変わると議長に「退場させますか?」と聞き、議長も思わず苦笑い。結局しばらくわけの分からないことをわめいた後さっさと出て行った。お疲れ様。

Sd2016jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-29 株式会社オオバ(東証一部: 9765)

16-29 株式会社オオバ(東証一部: 9765)

第82期定時総会

2016年8月25日(木曜) 午前10時

渋谷区桜丘町 セルリアンタワー東急ホテル
地下2階 ボールルーム

最寄駅からの道案内: なし(JR渋谷駅南口) 

金城の出席状況: 初めて
         
議決権を有する株主数: 9,796名

開会時点の出席人数: 183名(会社側発表)

フリードリンク: 会場内で紙コップの冷水 

事業報告: 映像、ナレーション使用
      事業の経過及びその成果(報告書朗読)
      事業内容紹介
      新中期経営計画の説明
      コーポレートガバナンスコードへの対応等

発言者: 3名 質疑打ち切りなし

所要時間: 59分

お土産(先渡し): クオカード 1000円券 1枚 

 建設コンサルタント。2016年5月期は増収経常増益。法人税等調整額のマイナス幅が縮小したため純利益は減少。配当据置。

 --貸借対照表に退職給付に係わる負債が計上されている。前年は確か資産計上されていたはずだが..........。

 「株式市況低迷の影響で、結果として年金債務が年金資産を上回ったため」

 --長年にわたって功績のあった大場会長が退任するのに退職慰労金給付の議案が提出されないのはなぜか。

 「当社はすでに役員退職慰労金制度を廃止している」

 --従業員の平均年齢が44.1歳というのは高すぎないか。

 「最近の新卒採用は年十数名で、この程度だと平均年齢はほぼ横ばいだが、20名採用すると十数年後には40歳前後になる。
新中期経営計画では今後の成長のため優秀な人材の確保を目標に掲げているが、昨年1部に上場してからは学生の希望も増えている」

 閉会後退任する会長のあいさつ。

2016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月24日 (水)

16-28 株式会社サカタのタネ(東証一部: 1377)

16-28 株式会社サカタのタネ(東証一部: 1377)

第75回定時総会

2016年8月23日(火曜) 午前10時

横浜市港北区新横浜
新横浜プリンスホテル 5階 シンフォニア 

最寄駅からの道案内: 要所に案内係を配置(JR新横浜駅北口)

金城の出席状況: 6年連続8回目

議決権を有する株主数: 27,204名(前年比△1,227名)

開会時点の出席人数: 座席数約700の2割くらい

フリードリンク: ロビーで紙コップのコーヒー(ホット、アイス)
         オレンジジュース、ウーロン茶        
         
総会の前: PRビデオ上映
      ロビーで花と農産物の展示 

事業報告: 社長
      
   通常の事業報告(報告書朗読、スライド併用)の他
   無花粉タイプのトルコギキョーの開発、アフリカ開発
   会議参加について(スライド併用)

発言者: 6名(前年比△1名) 質疑打ち切りなし

所要時間: 1時間29分(前年比+4分)

お土産: なし(昨年より廃止せる旨招集通知に明記)
          
 2016年5月期は前年に引き続き国内の不振を海外で補って増収増益。創業来最高益更新で特別配当実施。

 冒頭熊本地震の被災者にお見舞い。亡くなられた方に哀悼の意を表し、1日も早い復興を祈るとの言葉。

 --退任する役員に対する退職慰労金贈呈に関する議案が提出されているが、そろそろ他社がやっているように退職慰労金はやめて、自社株を役員報酬に振り向ける考えはないのか。

 「当面その考えはない。役員は持ち株会で自社株を購入している。自社株は360万株ほど持っているが、今後の戦略に合わせて合併、提携等に活用したい。当社の属する業界のように研究開発に年数が掛かる場合は退職金制度の方が合っているのではないか」

 --社外役員候補者の経歴に、日商岩井、三井製糖、双日食料等の勤務歴、役員歴があるが、これら各社と当社の取引関係は?

 「特にない」

 --国内の販売力が弱いのではないか。

 「人口減少、生産者の高齢化など厳しい環境にあるが、一方で規模拡大、農業法人参入などの努力もある。野菜種子のシェアがまだまだ低いのは事実だが、現場主義の方針のもと地元の代理店と一緒に産地に入っていき、取れるシェアはどんどん取っていく」

 --総会の出席者が少なすぎる。お土産を復活する考えはないか。

 「お土産の復活は考えていないが、株主優待は改善している」

 --女性役員の誕生は?

 「国内の女性管理職は1名だけだが、海外では管理職302名中56名が女性である」

 --資本金に匹敵するくらいの投資有価証券があるが........。

 「総額136億円のうち120億が金融機関、長年の取引先などの株式の政策保有いわゆる持ち合いである。保有基準には内規があり、内容はホームページなどで開示している。監査役会が定期的に報告を受けているが特に問題はない」

 --為替はヘッジしているのか。

 「売上の55%が海外向けになり、為替の影響が大きくなってきている。全部ヘッジするとコストもかかるので、大口で影響の大きいものについて通貨オプションなどを使っている。前期の想定レートは、米ドル120円、ユーロ130円に対し実績は米ドルが120.94、ユーロは123.61。今期は米ドル100円、ユーロ110円である」

 発言にもあったように確かに、当社の場合お土産廃止の影響はかなり大きいように感じられる。会場がお手の物の切り花や鉢植えで華やかに飾られているだけに一層そんな気がするのかもしれないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »