« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月29日 (木)

16-35 株式会社フルヤ金属(ジャスダック: 7826)

16-35 株式会社フルヤ金属(ジャスダック: 7826)

第48期定時総会

2016年9月28日(水曜) 午前10時

豊島区南大塚 ホテルベルクラシック東京 6階 コンチェルト

最寄駅からの道案内:なし(山手線大塚駅南口) 

金城の出席状況: 初めて
         
議決権を有する株主数: 1,728名

開会時点の出席人数: 18名(うち女性2名) 

フリードリンク: ロビーでセルフサービス、紙コップの
         冷水とティーバッグ(ほうじ茶、煎茶)  

事業報告: 社長(スライド併用)大筋で報告書朗読

発言者: 2名 質疑打ち切りなし。

所要時間: 32分

お土産: なし

 工業用貴金属製造。2016年6月期は減収減益。配当据置。

 --米国と韓国に子会社があるが、どんな会社か。

 「いずれも当社製品の販売会社だが、グループ全体への影響は軽微である」

 --配当性向が100%を超えているが、配当政策をどう考えているのか。

 「将来の成長が期待できるという自信の表れである」

 --社長は後継者についてどう考えているか。

 「同族色を排してパブリックな会社にしていくことを考えている。後継者は明日にでも何とかなるので、機会を見てバトンタッチしたい」

 --従業員の勤続年数が短い。

 「最近かなり発展したので、積極的に中途採用を行ったが、すぐ辞めてしまう人も多いので、反省して新卒を毎年10~20人採用するようになり、彼らが頑張ってくれている。これからも新卒をしっかり教育していくつもりだ」

 大塚で総会というのは珍しい。会場のホテルはJR駅ビル隣接で交通至便、道に迷うこともないが、入口に何の掲示もなく、館内に入っても総会会場の案内なしというのはいただけない。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-34 株式会社アーバネットコーポレーション

16-34 株式会社アーバネットコーポレーション
               (ジャスダック: 3242)

第19回定時総会

2016年9月27日(火曜) 午後2時

中央区銀座 銀座ブロッサム(中央会館)ホール

最寄駅からの道案内: 要所に案内係を配置
               (有楽町線新富町駅1番出口)

金城の出席状況: 初めて
         
議決権を有する株主数: 10,922名

1時45分現在の出席人数: 385名(会社側発表)

フリードリンク: 会場入り口でエビアン350ml  

事業報告: 一部 社長
      一部 スライド、ナレーション使用

発言者: 13名 質疑打ち切りあり

所要時間: 2時間7分

お土産(後渡し、開会前退出時入手可): 虎屋の羊羹  

 投資用ワンルームマンションを開発し、1棟売りするのがが主
力業務。2016年6月期は減収減益だが当期純利益を上回る配
当を実施。

 (お騒がせ男H 出席票番号1番)
 --在庫物件の評価額はどうしているのか。

 「売買契約を結んでいるものについてはその価格、結んでいないものについて監査人から要求があれば、鑑定士の鑑定価格」

 (お騒がせ男H 出席票番号1番) 
 --鑑定価格と実際の価格は違うのではないか。

 「不動産市況は10年に1回大きな波が来る。今、業界でもそろそろ来るのではないかといわれているので、いつでも対応できるようにしている。一番大事なのはキャッシュフローなのでこれを念頭に置いて運用している。当社のメインビジネスは販売会社や国内外の投資家に対する1棟売りなので、右肩上がりが続いていれば販売を引き延ばした方が結果的に収益を上げることができるが、現在は早めに売却先を決める方向でやっている」

 --開発エリアは城南地区が中心か。

 「東京23区内で、駅から10分以内が基本。ほとんどが環状8号線の内側で、例外は調布と武蔵小杉くらい。小人数でやっているのでエリアはあまり拡大できない。全国的に人口が減っているが、東京はまだ増えている。仕事のあるところに人が集まるので、若い人や単身者が多い。そうした人々のための賃貸物件は大田、品川、板橋などが多く、最近は港、中央も増えている。今後とも東京中心の方針は変えない。不動産市況はリゾート、郊外から崩れ、都心は最後になる」

 --都内ではだんだん適当な土地が無くなってくるのではないか。土地の取得方法は?

 「信託銀行、仲介会社からの情報が多い。借地権等がからんで、建築ができなかったり、地代が低かったりする土地が多いので、その有効活用方法を提案し、まとめあげるのが、土地取得の有力な方法である」

 --長期借入金残高の割に支払金利が多すぎないか。

 「過去に借りた分も含んでいるが、直近の新規借入分の金利は1.5%弱である」

 --最近10年ぶりに戸建住宅を手掛けたが社長の思いがあったのか。

 「マンションを主力としているが、競争が激しい中で小さい土地が手に入ったのでやってみた。今後もチャレンジしたい」

 --対処すべき課題で販売力の強化をうたっているが、具体的にはどういうことか。

 「基本的には小人数でやるということ。監査役まで入れて総勢約50名だ。新人の採用と教育は重要で以前は定期採用を行っていたが、リーマン・ショック以後は時間的余裕がなく、中途採用に切り替えているのが現状だ。そろそろ新卒を採用して育てなければと考えている」

  --横浜市のマンション傾斜問題を引き起こした三井住友建設を使った物件はあるか。

 「ない。業界としてもショックなニュースだ。当社の場合、設計事務所が厳重にチェックしており、今のところ問題は起きていない」

 --免震型のマンションを作る考えはないか。

 「当社のような敷地が小さい物件では無理」

 --民泊用のマンションを作る考えは?

 「旅館業界の反対もあって、なかなか決まらない。研究はしているが、先頭を切ってやることではないと考えている」

 --社員の勤続年数が短いのではないか。

 「社員数が少ないので、ひとりふたり新しい人が入るとすぐ平均が下がってしまう」

 --B/Sの長期借入金45億に対して、1年以内返済予定の長期借入金が57億もある。返済期限の平準化を図るべきではないか。

 「当社の借入金の期間は平均2年前後で実質的に中期借である」

 --一部市場への昇格は考えているか。

 「まだいろいろ課題があるが、それらをクリアして適当なタイミングで昇格できればと考えている」

 --女性の活用をどう考えているか。

 「不動産・建築業界は男社会なのが現状だが、社会の流れとしては女性の活躍に期待しており、社員の中から育てていきたい。
候補者もいるので近い将来実現すると思う」

 会場に入ると青い縞模様の帽子を被ったお騒がせ男Hが最前列中央の席に座っていた。今日午前のTYOは、昨年の定時総会で議長から来年またお会いしましょうといわれていたのに欠席だったが、他社の総会にでも出ていたのだろうか。今日はなぜかいつもと違い開会時刻が近づいても立ち上がってしゃべり出すこともなく、ぽつねんと座ったままで、体調が悪いのではないかと心配させるほど。結局冒頭に挙手、質問したが答弁は最後まで聞かずに出ていってしまった。

1
2

3




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月28日 (水)

16-33 株式会社ティー・ワイ・オー

16-33 株式会社ティー・ワイ・オー
                (東証一部: 4358)

臨時総会

2016年9月27日(火曜) 午前10時

目黒区下目黒 目黒雅叙園 2階 舞扇

最寄駅からの道案内: なし(JR、東急、地下鉄目黒駅正面口)
           会場近くの街角に案内係 

金城の出席状況: 昨年の定時総会に続き2回目
         
議決権を有する株主数: 15,031名
            (前回期末比△856名)

開会時点の出席人数: 座席数約610の1割くらい

フリードリンク: ロビーに給水器を設置  

発言者: 17名(質疑打ち切りなし)

所要時間: 1時間39分

お土産: なし(用意してない旨招集通知に明記) 

 株式移転により株式会社AOI Pro.(証券コード9607)と資本経営統合することにつき承認を求める臨時総会。業界2位と3位が共同でホールディング・カンパニーを作ることによって業界1位へ。最近の広告業界でTVが単なる多数の媒体のひとつとなり、競争が激化しているのに対応するもの。今後のスケジュールは12月28日上場廃止。12月31日決算期末。株式移転比率はAOI1に対し、当社0.18だが、これは両者の発行株式数に約5倍の開きがあるため。

 --合併のメリットは?

 「一般論としては業界第1位の会社になることによって、機関投資家の投資対象として有力になり、企業価値が向上すること、社員にとって会社がより安定した力のあるものになること、ファイナンス面、財務面の力が強くなり、会社の発言力が大きくなることなどである」

 --持ち株会社の下に事業会社をふたつぶら下げるだけでは合併のメリットがないのではないか。

 「例えば三越と伊勢丹は同じデパートでもイメージや客層が違うが、広告業界も同じだ。事業会社が分かれていても、仕入れ部分の一体化、取引先への交渉力強化等のメリットはある」

 --AOIに吸収されるのではないか。

 「若干の時価総額の差はあるが、吸収ではなく、全くの対等合併だ。持ち株会社は自分とAOI社長の二人代表制で、社長、専務等の肩書はつけない。また株主総会でお目に掛かれるのではないかと思う」

 --持ち株会社の規模と所在地は?

 「自分を含めて20名程度。場所は両社の中間、白金あたりを考えている」

 --なぜ合併比率を決めてしまったのか。合併当日に決めればよいのではないか。

 「特殊要因で変動した瞬間の株価で決めるわけにはいかない。
契約時に決めるのがルールである」

 --来年1月(本来の中間決算時)の株主優待はどうなるか。

 「申し訳ないがありません」

 議長は即答できず、事務方に耳打ちされてようやく回答。株主の利害に大きく関係する事項を事前に頭に入れておかなかったのは感心しない。

 --12月31日決算に対する総会は開かれるのか。

 「制度上やらないことになっているので、当社としての総会は7月決算に対するもの(10月27日予定)が最後で、その次は新会社が12月決算なので、再来年の3月になる」

 --総会の出席人数がこんなに少ないのに第二会場まで用意したのは経費の無駄遣いではないか。

 「一昨年は(お土産を出したこともあって)600~700人もご来場され、実際に第二会場を使用した。今回も重要な問題なので、かなり多くの方がお見えになると思ったが意外に少なかった。人数の読みは難しい」

 --取締役の数が多すぎる。

 「役員の数については毎回ご質問をいただいているが、それが非効率の原因だとは考えていない。各部門の代表が取締役会に参加していることで、そこで決まったことを翌日からすぐ実行できる。ただし合併後は役員数を減らうことになっている」

 議案採決にあたり反対意見の株主を確認。総会で合併反対の意思表示をしておくと、会社に持ち株買取を請求する権利が発生するからだが、1名のみ挙手。  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月15日 (木)

16-32 株式会社キングジム(東証一部: 7962)

16-32 株式会社キングジム(東証一部: 7962)

第68回定時総会

2016年9月15日(木曜) 午前10時

中央区日本橋蠣殻町 ロイヤルパークホテル 3階
ロイヤルホール

最寄駅からの道案内: なし
(半蔵門線水天宮前駅シティエアターミナル方面改札)

金城の出席状況: 2年ぶり4回目
         
議決権を有する株主数: 24,974名

開会時点の出席人数: 座席数約770の4割くらい

フリードリンク: 会場入り口でevian330ml配布 

総会の前: ロビーで製品展示
      PRビデオ上映   

事業報告: 一部 社長(スライド併用)
      一部 スライド、ナレーション使用
      (いずれも報告書朗読)

発言者: 12名(質疑打ち切りなし)

所要時間: 1時間16分

お土産(先渡し): クリアファイル2冊

 事務用品大手。2016年6月期は増収経常増益。特別損失に減損損失を計上したため純利益は減少。配当据置。 

 (お騒がせ男H)
 --今日の総会に証券代行会社のスタッフは出席しているか。

 「来ておりません」

 --特別損失の内容は?

 「2014年4月に株式会社ぼん家具を26億で買収して、のれん代を10億計上、5年で償却する予定だった。しかし黒字ではあるが利益水準が低いので、前期特別損失で1億5,200万円償却したもの。未償却残高は3億あるが、足許利益は回復傾向にあり、今期業績も計画を上回っているので、今後は期間損益で十分償却できる見込み」

 --海外売上の比率と今後の戦略は?

 「現状5%程度にすぎないが、それでも6年前の30倍以上になっている、さらに伸ばす方策としては現状中国、東南アジアを第一に考えているが、欧米への展開も視野に入れている。英文テプラを発表したが、欧米で火がつきつつある」

 --女性の活用状況は?
 「女性が戦力として重要なことは認識している。最近5年間の新卒採用数の約5割は女性である」

 --韓国海運会社の倒産で海上輸送が滞っているようだが。

 「まったく影響ない。日本の海運会社数社を使っている。いずれも大手だし複数の企業を相手にしているのでいざというときも問題ない」

 --株主懇親会をやる気はないのか。

 「以前やっていたこともあるが、人数が多くなり、混乱も予想される事態となったため、中止させていただいた。ご理解賜りたい」

 --総会のお土産としていつもキングジムの製品をいただくので文房具屋ができるほど溜まってしまった。お菓子や食事券にでもしてもらえないか。

 「この問題についてはいろいろ議論しているが、常識の範囲内でなければならず、金額が大きすぎても問題だ。せっかくキングジムの株主になっていただいたのだからキングジムの製品を、と考えている」

 --取締役を2名増員し、10名とする議案が提出されているが、取締役数の上限は何名か。

 「昨年の総会で10名への増員をご承認いただいている」

 --取締役増員は経営体制の一層の強化を図るためとのことだが、具体的には?

 「増員する2名は国内営業と海外企業のスペシャリスト各1名である」

 --買収防衛策の更新が提案されているが、これまで実際に買収されそうになったことがあるのか。

 「ファンドにある程度まとまった買い付けをされたことはあったが、具体的に危機感を持ったことはない」

 --P/Lの営業外収益にある屑売却益とは何か。

 「製造過程で鉄の型を抜いた残りかすを売却した代金である」

 お騒がせ男は受付開始直後いったん外出したが、監査報告の最中に入場、野次ひとつふたつの後ひとまず出て行った。そのご場外で怒声数発、彼の声かどうかわからないが、何らかのトラブルがあった模様。それからまた戻ってきて、いの一番に意味不明の質問をした後退場。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 6日 (火)

16-31 株式会社ひらまつ(東証一部: 2764)

16-31 株式会社ひらまつ(東証一部: 2764)

臨時総会

2016年9月5日(月曜) 午前11時

中央区銀座 銀座Velvia(ベルビア)館9階 アイコニック

最寄駅からの道案内: なし(有楽町線銀座一丁目駅5番出口)

金城の出席状況: 2013年の定時総会以来3年ぶり5回目
         
議決権を有する株主数: 13,662名

開会時点の出席人数: 座席数約200の5割くらい

フリードリンク: 受付で天然水富士山 600ml   

発言者: 7名 質疑打ち切りなし

所要時間: 53分

お土産: なし
     (招集通知にお土産と株主懇親会の予定はない旨明記)

 監査役が1名死去して法令の定める員数を欠くことになり、後任を選出するためと、今年の定時総会で退いた前社長(創業者)に対する創業者功労金贈呈を決めるために開催。不測の事態に備えて今回はしっかりと補欠監査役も選任。

 冒頭、定時総会後に就任した新社長のあいさつ。

 (お騒がせ男H)
 --本当の出席票番号1番、Hだ。ルールを守れ。おれの方が先に来たのになぜ出席票番号が3番か。来た順番に出席票を渡せ。

 今日のHは青の濃淡縞模様の帽子で登場。議長が議案説明中から出席票番号1番をゲットした株主とひともめ。注意を受けて席に落ち着くと質疑応答のいの一番で発言した後、答弁を待たないで出て行った。

 --前社長は今年の定時総会で退任したのに、なぜその時功労金贈呈の議案を提出しなかったのか。

 「その段階で内容の詳細が決まっていなかったからである」

 --今後役員退職金規定を作る考えはあるのか。

 「あくまで創業者としての35年間の功労に対して支給するもので、一般的な役員退職金規定を制定する考えはない」

 --女性の取締役を起用する考えはないか。

 「当社は女性の雇用が多い。女性の料理人も増えている。サービス関係の7割は女性だ。執行役員にも女性がいるので、将来ここから昇格する者が出てもよいが、もうしばらくお時間をいただきたい」

 --功労金5億の考え方は?

 「税務上認められた最終報酬×勤続年数×功労倍率という算式があり、それに従って計算すると8~10億になるが、当社の財務状況、キャッシュフローの状況を見て5億とした。これが当社として出しうる最大値だ」

 --今回は創業者に5億円支払うことを承認する総会なのだから、閉会後ビュッフェ形式のパーティーを開き、シャンパンを1杯ずつふるまってもいいのではないか。

 「以前総会の後に株主懇親会をやっていたこともあるが、あるとき2,000人も来場者があり、弁当箱に料理を詰めたり、水筒にワインを入れて持ち帰る人もいて、パニック状態になったので、その後は懇親会を止め、株主フェアでお金は払っていただくが、それ以上のお料理をゆっくり座って味わっていただくことにした」

 --執行役員を監査役候補として推薦しているのは安易ではないか。

 「今回の候補者はもともと内部監査室で監査業務を行っており、適任である」

 --功労金5億を支払う今期の決算予想は?

 「今期は減収減益予想で、第1四半期実績は熊本地震、マイナス金利の影響で消費が盛り上がらず、予想比若干の下振れ。功労金は特別損失に計上する」

 --創業者は今後ホテル事業に専念するとのことだが、東洋経済新報の記事ではホテル事業に進出し、10年間で売上300億を目指す計画に懸念を示している。

 「その記事は私どもも拝見したが、すでに開業した賢島のホテルは順調で稼働率80%を超えている。年内に熱海、箱根のホテルもオープンする」

 会場は銀座の高級レストランで、棚にはワインボトル、片隅にはピアノも。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »