« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月17日 (木)

16-38 株式会社ビックカメラ(東証一部: 3048)

16-38 株式会社ビックカメラ(東証一部: 3048)

第36期定時総会

2016年11月17日(木曜) 午前10時

板橋区大山東町 板橋区立文化会館 大ホール

最寄駅からの道案内: 要所に案内係を配置
                     (東武東上線大山駅東口)

金城の出席状況: 4年連続6回目
         
議決権を有する株主数: 217,695名
                                  (前年比+39,051名)

開会時点の出席人数: 1階席約1,200の5割くらい

フリードリンク: 富士山の天然水ペットボトル500ml配布
         (ビックカメラ女子ソフトボール高崎マーク
         入り)
         
総会の前: 当社女子ソフトボールチームの試合ビデオ上映

事業報告: 事業の経過及び成果
       スライド、ナレーション使用(報告書朗読)
      対処すべき課題 社長(スライド併用)

発言者: 14名(前年比+1名) 質疑打ち切りあり

所要時間: 1時間56分(前年比+2分)

お土産(先渡し): 株主様限定特別優待クーポン(3%引き)
3枚(従来同様招集通知にはお土産配布の予定がない旨朱記)     
ビックカメラ高崎2016 リーフレット
希望者に来年の壁掛けカレンダー

 家電量販店大手。2016年8月期は減収増益で純利益は過去最高を記録。増配。

 --吸収した企業のうちコジマは順調のようだが、ソフマップは営業赤字だ。改善策は?

 「ご心配をお掛けして申し訳ない。ソフマップはもともと中古品買取とサービスサポートに強い企業だ。パソコン新品の売上が伸び悩む時代になったので、こうした強い業務に力を入れて乗り切りたい」

 --財務内容についての考え方は?

 「借入金は減ってきているが、現在かなり低コストで調達できることもあり、どこまで減らすかという目安はない。自己資本比率についての目標はないが、ROE10%を目指している」

 --今後もM&Aを考えているか。

 「今具体的な話はないが、これからも検討していきたい」

 --ジャパネット高田ではエアコンなどの新品を買うと古い品を買い上げている。

 「当社も配達の際、同種製品一点を無料で回収して喜ばれている」

 --ポイントの失効割合はどのくらいか。

 「数字は申し上げられないがそう多くない」

 --広島駅前店が開店したが、広島には地場の有力企業があるので大変ではないか。 

 「9月14日にオープンしたが、ちょうど広島の優勝で町全体が盛り上がっていたのが追い風になった。メインの入口にあえて日用品、ドラッグ、お酒などの非家電製品を置いている」

 --他社が商品の説明をユーチューブやニコニコ動画で配信している。当社もやったらどうか。

 「新商品や格安商品など分かりにくいものについては、動画を作って売り場で流している。インターネットでの配信は以前テスト的にやったことがあるが、費用も掛かることだし、現段階では検討中」

 --配当性向が低い。

 「株主還元は配当と株主優待を合わせて考えている。配当性向は18%だが、優待は現金に近い商品券で行っており、これを加えると28%くらいになる」

 --ビックカメラのポイントが10%なのにコジマは1%だ。

 「ポイントはエリアに合わせて設定している。郊外立地が多いコジマは現金割引が多い」

 --P/Lの受取手数料、支払手数料、投資有価証券売却益、減損損失の内容について説明してほしい。

 「主なものは
受取手数料 購買データをマーケティング会社へ提供した対価、業務提携関係の手数料
支払手数料 金融機関へのシンジケートローンなどの手数料
投資有価証券売却益 政策保有株の売却益
減損損失 システム更新に伴う旧システムの償却、
     グループ企業の赤字店舗閉鎖に伴う減損」

 以前当社の総会は新宿界隈で開催されていたが、昨年の浜松町に続いて今年は板橋・大山と転々。「こんな町はずれでやるなんて」とクレームを申し立てる株主もいた。確かに金城も東上線沿線の総会は初めてだが、池袋から各停3駅で駅近となれば交通不便とも言い難い。はたして来年以降、ここで定着するのか。
  

2016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火)

15-37 株式会社大盛工業(東証二部: 1844)

15-37 株式会社大盛工業(東証二部: 1844)

第50回定時総会

2016年10月28日(金曜) 午前10時

荒川区東日暮里 ホテルラングルウッド 2階 孔雀の間

最寄駅からの道案内: JR、京成日暮里駅南口に案内係

金城の出席状況: 3年連続8回目

議決権を有する株主数: 8,660名(前年比△5,453名)

開会時点の出席人数: 座席数約90の6割くらい

フリードリンク: 株主様御控室でコーヒー、紅茶、
         オレンジジュース、ウーロン茶 

事業報告: スライド、ナレーション使用(報告書朗読)

発言者: 7名(前年比△1名) 質疑打ち切りなし

所要時間: 53分(前年比△29分)

お土産(先渡し): クオカード500円券 1枚
 
 下水道施工主体の建設会社だが、太陽光発電施設開発事業等に多角化して黒字基調定着、2016年7月期は2期連続の増収増益で増配。しかし東京都との訴訟に敗れて2億の支払いを命じられ、控訴はしたものの訴訟損失引当金を積むため、現段階では今期(17年7月期)赤字の予想。
  
 --敗訴は今後の受注に影響しないか。

 「裁判中といえども都の指名を受けて入札、落札は続いていた。
変な話だが、裁判は裁判で工事とは関係ない」

 --都議会のドンといわれる自民党議員に献金しているか。

 「していない」

 --クローゼットレンタル事業は今後も増やしていくつもりか。

 「もともと社員が大幅に減ったため生じた水元本社の空きスペースを有効活用するため始めたもので、新規に土地を借りてまで拡大するつもりはない」

 --通常株式併合後株価は上がるものだが、当社の株は下がっている。原因は?

 「正直いってよく分からない」

 --資本金が過大ではないか。

 「確かに企業の規模に比較して大きいが、新株予約権の発行によって増えたものである。以前赤字が続いて資金不足に陥り、一般金融機関も相手にしてくれなかった苦しい時期に、会社建て直しに必要な資金調達の手段がほかになかったからだ。幸い、最近ようやく普通の金融機関でほぼ100%調達できるようになった。
今後は自己株買い等で資本金を減らしていくべきだが、今の状況ではまだ厳しい」

 --営業外費用の為替差損の内容は?

 「太陽光発電用の資材を輸入する際為替予約をしたら、円高になったもの」

 今日のお騒がせ男Hは出席票番号26番。というのも当社の総会は受付開始と同時に(あるいは開始以前に?)関係者と思しき株主が大挙して入場、最前部の席を占拠するのがお約束だから。
冒頭Hと議長のやり取り。

 --前にいるやくざのような奴は社員か。下請けか。

 「株主です」

 いつも議長の発言に熱烈拍手と「議事進行」の掛け声でにぎやかな当社の総会だが、いきなりHに一発かまされて静かに。ようやく議決の段階になってちらほらと「異議なし」の声。 

201610

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »