« 17-13 森トラスト総合リート投資法人 | トップページ | 17-15 日産東京販売ホールディングス株式会社 »

2017年6月18日 (日)

17-14 全国保証株式会社(東証一部: 7164)

17-14 全国保証株式会社(東証一部: 7164)

第37回定時総会

2017年6月16日(金曜) 午前10時

千代田区丸の内 JPタワー4階
JPタワー ホール&カンファレンス

最寄駅からの道案内: なし(JR東京駅丸の内南口)
           ビル前の歩道に案内係 

金城の出席状況: 初めて
         
議決権を有する株主数: 21,467名

開会10分前の出席人数: 489名(会社側発表)

フリードリンク: お土産と一緒にお~いお茶350ml  

総会の前: PRビデオ上映   

事業報告: 事業の経過及び成果 
      (スライド、ナレーション使用、報告書朗読)
      対処すべき課題 社長(スライド併用、報告書朗読)

発言者: 7名 質疑打ち切りあり

所要時間: 1時間58分

お土産(先渡し): 和楽紅屋の菓子折(ラスク)

 住宅ローン保証会社。2017年3月期は増収増益で増配。

 --昨年9月23日に株主優待制度の変更が発表されたが、9月末の権利確定日までの期間が短か過ぎる。

 「発表のタイミングについてはご指摘のとおりで、真摯に受け止めており、今後は十分考慮させていただく」

 --対処すべき課題として事業領域の拡大を挙げているが、具体的には?

 「少子高齢化で当社を取り巻く環境は厳しく補完する事業が必要だが具体的にはこれからで、社外有識者の意見も聞きながら検討している。M&A、業務提携なども視野に入れて、あせらず、慎重に検討していく」

 --取締役の数が少ないのではないか。

 「株主総会の際、答弁のため執行役員も登壇させている会社もあるが、当社の場合ここにいるのは取締役だけだ」

 --女性の役員がいない。

 「管理職には候補者がいるので、将来的には社内からの登用を考えたい」

 --金利変動の影響は?

 「これ以上金利が下がるとは考えにくい。上昇の影響のうち、まずマイナス面では変動金利でローンを組んでいた人が返済に窮することが考えられるが、案件を取り上げる際金利が上がっても無理なく返済できるか審査しているので、よほど極端な一気の上昇でない限りは問題ない。また住宅市場への悪影響もある。逆にプラスとしては借り換え需要が出てくること、受け取った保証料の運用に有利となることなどが考えられる」

 --最近相続税対策としてアパートローンが増えて問題になっているが?

 「アパートローンの商品は持っているが、積極的には売り込んでいない。保証残高は総額10兆8,900億円のうち8億5,000万円に過ぎない」

 --金融機関の合併が進んでいるが、影響は?

 「現在738の金融機関と提携しており、確かに近年かなり合併が進行しているが、マイナスの影響はほとんどない。合併する双方とも提携先であれば変化はないし、一方とだけ提携している場合は、どちらが主導権を握るかにもよるが、それまで提携していなかった先とも取引できることになる」

 --地域別の保証残高は?

 「地方の疲弊がいわれているが、当社のポートフォリオは7割が関東圏、中京圏、関西圏(一部福岡圏)の都市圏である。需要のあるところで事業を展開している」

 --働き方改革への具体的取り組みは?

 「中期経営計画にも折り込んだが(1)毎週水曜日をノー残業デーとする、(2)有給休暇の取得促進、(3)19時30分退社を原則とする」

 --増配しているが、配当性向は30%以下でまだ低い。

 「重要な課題であることは認識しているが、継続的、安定的な配当を目指している。提携先金融機関が安心して保証を依頼してくるには、強固な財務基盤が重要である。独立系の保証会社として自分で自分を守らなければならないことをご理解いただきたい」

 取締役の任期2年、監査役は4年で今年は人事案件なく、議案は剰余金処分案のみ。

1

2




|

« 17-13 森トラスト総合リート投資法人 | トップページ | 17-15 日産東京販売ホールディングス株式会社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112050/65425918

この記事へのトラックバック一覧です: 17-14 全国保証株式会社(東証一部: 7164):

« 17-13 森トラスト総合リート投資法人 | トップページ | 17-15 日産東京販売ホールディングス株式会社 »