« あけましておめでとうございます。ご愛読感謝いたします。 | トップページ | 株式会社キューソー流通システム (東証一部: 9369) »

2018年2月 1日 (木)

総会家金城 番外編 その1 出席票

株主総会、投資主総会に出席する場合、会場に着いたらまず郵送されてきた議決権行使書を受付に提出して、引き換えに出席票を受け取る。

 出席票は通常小さな縦長の厚紙でミシン目で三つの部分に分かれ、それぞれに同一の一連ナンバーが記載されており、受付では一番下の部分を切り取って、議決権行使書にホチキス留めして保管する。2番目(中央の部分)は総会が紛糾した場合投票券となるが、これが使われるようなことは金城でも1回か2回しか経験がない。

 出席票は胸のポケットに差しておけば客席とロビーを自由に出入りできる。背広着用の場合はそれでよいが、Tシャツだったりすると困ってしまう。ワンピースの女性なども同様であろう。一部にひも付きのビニールケースに入れた出席票を使う企業もあるが、これなら誰でも首にかけておけるので問題ない。

 ところで出席番号1番の入手にはこだわる人がおり、時として争奪戦が演じられたりもするが、確実に001を入手するにはどうしたらよいか。受け付け開始前に来て待っていなければならないのは当然だが、ことはそう簡単ではない。なぜなら上場企業の総会ではよほど小規模でない限り受付窓口が2~3か所あるのが普通で、中には受付嬢が10人以上ずらりと並ぶ大総会も珍しくない。そのどこに001が隠れているか。まあ普通は端から順に50枚か100枚単位で配っていくだろうから右端か左端にある確率が高いと思うが、常に1番乗りを目指すH氏などはどうしているのだろう。1番のある窓口を確認し、2番手の株主を制して突進するのだろうか。

 出席票は一部お土産引換券を兼ねたものを除き、総会が終了してしまえばまったく無用の長物で、悪用の余地もないものと思うが、何故か持ち帰りを厳しく制限して出口で強制的に取り上げる企業がある。ごみ処理の量が増えるだけだと思うのだが。その逆に「どうか記念品としてお持ち帰りください」といって絶対受け取らないところもある。どうもこちらの方が賢明な気がする。

 

|

« あけましておめでとうございます。ご愛読感謝いたします。 | トップページ | 株式会社キューソー流通システム (東証一部: 9369) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112050/66347346

この記事へのトラックバック一覧です: 総会家金城 番外編 その1 出席票:

« あけましておめでとうございます。ご愛読感謝いたします。 | トップページ | 株式会社キューソー流通システム (東証一部: 9369) »