2017年3月26日 (日)

17-02 株式会社不二家 (東証一部: 2211)

17-02 株式会社不二家 (東証一部: 2211)

第122期定時総会

2017年3月24日(金曜) 午前10時

港区元赤坂 明治記念館 富士の間

最寄駅からの道案内: 要所に案内係を配置
           (地下鉄青山一丁目駅2番出口)

金城の出席状況: 2年連続3回目 
         
議決権を有する株主数:39,573名(前年比△817名)

開会時点の出席人数: 座席数約820の8割くらい
           第2、第3会場のほかお子様同伴
                          株主用の第4会場もあり

フリードリンク: 給茶室で紙コップの煎茶

総会の前: ロビーに製品展示
      場内では「ペコちゃん、ポコちゃん」など
              懐かしのCMソングを流す 

事業報告: 社長(スライド併用)
      山崎製パン社長(当社相談役)あいさつ
      「不二家再生復活支援の取り組みについて」

発言者: 10名(前年比+1名、質疑打ち切りあり)

所要時間: 1時間47分(前年比+12分)

お土産(先渡し): 瀬戸内大長レモンケーキ(3個入り)
          ネクターこだわり白桃 195g
          カントリーマアムベイクショップ
           (窯だしバナナブレッド) 8枚入
          ミルキー 60g         
          LOOK A LA MODE チョコレート12粒
         (LOOK55周年、株主様限定試食品)
          ルック・カレ カカオ70 57g

 山崎製パン傘下で製菓と洋菓子・レストランの両事業を展開。2016年12月期は売上微増、大幅増益で3期ぶりに復配。          

 開会合図のブザーで全役員起立、一礼、議長の復配報告まで、引き続き起立のまま。

 --女性管理職登用の状況は?

 「当社製品の購入者はほとんど女性なので、商品企画などに女性の活躍する場が広がっている。30年までに30%という政府方針もあり、当面10%を目標に増やしていく。現在女性管理職数は次長3名、課長13名で、子会社ダロワイヨジャポンには女性の取締役もいる」

 昨年の総会でも同じような質問が出てダロワイヨの女性取締役の存在を強調していた。いわば当社の目玉商品。

 --社会還元をどのように考えているか。

 「山崎グループ全体で取り組んでいる。社主(創業者)が作った財団があり、食品専攻の先生方に学術研究費を提供している外、災害発生の際、国や地方自治体の要請に応じて被災地の救援を行う態勢を整えており、阪神淡路、東日本、熊本地震の際にしっかり対応した。またベトナム、カンボジア、ネパール等発展途上国の子供たちを支援するNPOも設立している。不二家単独の活動としては、ペコちゃんキャラバン隊を作って被災地の幼稚園、保育園などを慰問したり、黒姫山麓に森を作る活動を行っている」

 --蛇腹を使った商品を開発したらどうか。

 「和歌山県産のかんきつ類のことですか?地方の特産品を使った製品という意味では清見オレンジを利用したお菓子などを作っている」

 唐突な質問だったが、無難にさばいたのはさすが食品メーカーの社長。

 --サークルKサンクスで販売している生マドレーヌが好調とのことだが、同社がファミマに吸収されてしまうとどうなるか。

 「むしろファミマにも商品の取り扱いを拡大するチャンスととらえている」

 --洋菓子は夏場に弱い。冷菓事業を推進する取り組みは?

 「菓子屋にとって夏場を乗り切るのは大きな課題だ。関係会社サーティワンアイスクリームを活用する方針で、デイリーヤマザキや不二家の店でも取り扱いを開始している。一方、チョコレートは以前夏場に弱かったが、最近は健康によいということで夏でも売れるようになった」

 --障害者の雇用人数は?

 「正社員と1年契約合わせて61名」

 --招集通知に「5S」活動をより積極的に展開するとあるが、何のことか。

 「整理、整頓、清掃、清潔、躾」の頭文字で、不二家のみならずメーカーの現場にとって大切なことだ。

 --為替の業績に与える影響は?

 「輸入原材料に依存しているので円高の方がメリットがあるが、円高だと最終的には景気が悪くなるという問題がある」

 --中長期の経営ビジョンはあるのか。

 「社内的には持っているが、外部に公表はしていない」

 --売上に比べて従業員数の伸びが大きすぎる。

 「中国の不二家(杭州)食品有限公司が急激に伸びているためだ」

 --客層のターゲットをどこに置いているか。

 「若い層も重視しなければいけないが、日本全体に消費のシニアシフトが進んでいるのは事実。健康ブーム、旅行ブームを中高年層が支えている。アニバーサリーも重要な要素で、ハロウィーン、イースターなどの新しい歳時も出てきている」 

 結婚式場明治記念館での株主総会は当社以外あまり例がない。
当日は好天でもあり、給茶室のバルコニーや中庭の芝生に椅子とテーブルが並べられ、開会前の一時を快適に過ごせたのはよかった。

2017_1

2017_2
2017_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

17-01 株式会社キューソー流通システム (東証一部: 9369)

17-01 株式会社キューソー流通システム
                 (東証一部: 9369)

第51回定時総会

2017年2月22日(水曜) 午前10時

新宿区西新宿 ハイアット リージェンシー 東京 
地下1階 「センチュリールーム」

最寄駅からの道案内: なし(丸ノ内線西新宿駅E4出口)

金城の出席状況: 5年連続5回目

議決権を有する株主数: 9,974名(前年比△291名)

開会時点の出席人数: 座席数約590の4割くらい

フリードリンク: なし 

総会の前: 富士山のビデオ上映 

事業報告: 事業の成果 スライド、ナレーション使用
      対処すべき課題 社長(スライド併用)      

発言者: 5名(前年比±0、質疑打ち切りなし)

所要時間: 55分(前年比△12分)
 
お土産(後渡し、開会前退出時入手可):
          キューピーマヨネーズ 200g
          キユーピーあえるパスタソース 
           焦がしねぎ塩 1人前×2 

 キューピー子会社の食品物流大手。2016年11月期は若干の減収ながら、営業利益は8期連続の増加で、過去最高を更新。
増配。

 --安定配当を目指すそうだが、配当性向の現状と将来の目標は?

 「中期計画で2018年度20%以上を目標としている。昨年度(16年11月期)実績は17.3%、今期(17年11月期)は目標が達成できれば18.1%となる」

 --他社の物流倉庫で火災が発生して大変なことになっているが、防災対策の強化は?

 「他人ごとではない。全営業所に火の元の確認と漏電の点検を指示したところだ。
(1)倉庫の新築・改築時における規制の順守、
(2)法令で定められた点検の実施、
(3)自衛消防団の訓練、
(4)火災保険のチェック、
(5)万一の場合他倉庫からの配送手配の手順確認などを行っている。
アスクルさんには何かお手伝いできることがないかと申し入れた」

 --運転手不足対策は?

 「休日の増加、労働環境の改善等魅力ある会社作りに努めている。新卒の継続採用も男性だけでは難しいので女性の活躍の場を広げるため女性にも扱いやすいトラックの採用を進めている。業界全体の女性雇用率は2.4%だが、当社は4.7%だ。しかし、それでもまだまだ低い。女性にやさしいというのは高齢者にもやさしいということになるので、今後ともますます進めていく」

 1月に適当な出席可能の総会がなく、初総会出席が2月にずれこんでしまったが、金城は今年も体力が続く限り頑張ります。

001
002

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月20日 (火)

16-40 株式会社ネクシィーズグループ

16-40 株式会社ネクシィーズグループ
     (旧株式会社ネクシィーズ 東証一部: 4346)

第27期定時総会

2016年12月20日(火曜) 午前10時

渋谷区桜丘町 ネクシィーズスクエアビル 3F大会議室

最寄駅からの道案内: 要所に案内係を配置(JR渋谷駅南改札)

開会時点の出席人数: 座席数約80の4割くらい

金城の出席状況: 4年ぶり6回目

議決権を有する株主数: 8,133名

フリードリンク: なし 

事業報告: スライド、ナレーション使用
      社長(スライド併用)

発言者: 5名 質疑打ち切りなし

所要時間: 47分

お土産: なし 

 ライフアメニティ事業(LED照明を中心に各種機器のレンタルサービス)が主業務で、他にソリューションサービス事業(個人事業者向け製品・サービス販売促進支援業務、ウェブマガジン発行のほか、スマホクレーンゲーム神の手のリリース開始)、文化教育事業(着物着付け教室運営や和装・呉服小物等の販売)を行っている。社長の決算説明によると、16年9月期は5期連続の営業増益で、直近10年間の最高益を達成、配当は据置。今期(17年9月期)は創業以来の最高益を「お約束できる」とのこと。

 --現預金に比べて借入残高が少ないがどうするつもりか。
 
 「当社の借入金利は0.3%程度と低いのでこのまま置いておき、必要な事業があれば投入したい」

 --部門別利益の調整額が9億以上あり、連結営業利益の総額17億と比較して多すぎないか。

 「6億は持ち株会社が子会社から受け取った管理報酬であり、3億が各子会社から集めた賞与引当金である」

 --最近各社で従業員の労働管理状況が問題になっているが、当社はどうか。

 「今年新卒103名を営業職として入れ、うち55~56%が女性だが、今までに3名しかやめていない。他社では考えられないことだ」

 以前は議決権を有する株主数2万名以上で総会はホテルで開催していたが、株式分割、単元株制度導入などによって3分の1程度になり、本社会議室が会場になった。

 元横浜市長中田宏氏を社外取締役に新任する議案などを採決して終了。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-39 三菱自動車工業株式会社 (東証一部: 7211)

16-39 三菱自動車工業株式会社 (東証一部: 7211)

臨時総会

2016年12月14日(水曜) 午前10時

千葉市美浜区 幕張メッセ 幕張イベントホール            

最寄駅からの道案内: 要所に案内係を配置(京葉線海浜幕張駅) 

金城の出席状況: 初めて

議決権を有する株主数: 287,685名

開会時点の出席人数: 座席数約2,000の2割くらい

フリードリンク: ロビーに給水器と給茶器を設置
         (横に飲食禁止の立札。矛盾していないか)

総会の前: PRビデオ上映

発言者: 8名 質疑打ち切りあり

総会の後: 新会長(就任予定)ゴーン氏のあいさつ

所要時間: 1時間50分

お土産: なし(招集通知に今年から廃止した旨明記)

 燃費不正問題による業績不振からの立て直しを目指す新経営体制の承認を求める臨時総会。冒頭全役員が起立して謝罪した後、燃費不正問題の再発防止策、業績見通し、日産自動車との提携について説明。今期(17年3月期)について、不振の原因は燃費不正問題だけではなく、円高の影響も大きかったこと、海外では燃費問題の影響がほとんどないことなどを挙げ、上期大幅赤字で下期も若干の赤字が残る予想ながら、下期は為替相場の見通しを最近の円安に対して保守的に設定していることもあり、何とか黒字にすべく取り組んでいくと説明した。

 --再建道半ばなのに役員の給料を3倍にするのはなぜか。同じく燃費不正が発覚したスズキは役員給与を減額している。

 「今回の改革は将来の成長をめざし、抜本的な改革をするため欠かせないステップである。これまで会社再建のため報酬をカットしていたが、優先株の処理も完了したので、従来の年功序列を排し、責任をもって業績改善を果たしたら報いる報酬制度がないと、専門性を持った優秀な人材を確保できない。導入は来年度以降であり、来期はV字回復を目指す」

 --社外取締役候補に通産省出身者を入れている。古い体質を抜け切っていない。

 「通産省の人だからというわけではなく、幅広い知識と見識をお持ちだから選んだ」

 --日産のリーフは急速充電が無料なのに、当社のアウトランダーは普通充電のみ無料で、急速充電は有料だ。

 「急速充電には多大な投資と維持費が必要だ。今後我々の努力で利益の中で賄っていけるようにしなければならない。今しばらくお時間をいただきたい」

 --今回の不正の原因はどこにあったと考えるか。

 「燃費競争が厳しい中で物がいえない雰囲気があったことを反省しなければいけない。解決策を持っていかないと相談しづらいという問題があったので、お互いに役職ではなく、さんづけで呼ぶようにし、根付いてきた」

 議長が担当役員に答弁を指示するときも、さんづけで呼んでいた。

 不祥事の後の出直し総会としては緊張感に欠けたといわざるを得ない。何よりも収容人数を考慮して会場を定時総会の品川プリンスホテルから移転したのに、出席者が予想外に少なかった事実が象徴している。会社、株主ともにゴーン氏の出馬に安心してしまったような印象を受ける。確かに業績不振に陥った会社での役員報酬枠大幅引き上げは異例で、この点に質疑が集中したのも当然だが、本来ならこれほどの高額を支払ってまでゴーン氏を招く以外に方法はなかったか議論しなければならないはず。しかし、そこまでの突っ込んだ質問はなく、会社側も上期大赤字は燃費データ不正問題だけではなく、円高にも原因があるといわんばかり。役員報酬金額の多寡には触れず、年功序列を業績連動に改めた点を強調するに止まった。

 質疑打ち切り後立ち上がって「動議!動議!」と叫んだ株主がいたが、議長は無視して採決に進む。

 ゴーン氏のあいさつは約3分間。日本文の原稿を読み上げた。
      

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年11月17日 (木)

16-38 株式会社ビックカメラ(東証一部: 3048)

16-38 株式会社ビックカメラ(東証一部: 3048)

第36期定時総会

2016年11月17日(木曜) 午前10時

板橋区大山東町 板橋区立文化会館 大ホール

最寄駅からの道案内: 要所に案内係を配置
                     (東武東上線大山駅東口)

金城の出席状況: 4年連続6回目
         
議決権を有する株主数: 217,695名
                                  (前年比+39,051名)

開会時点の出席人数: 1階席約1,200の5割くらい

フリードリンク: 富士山の天然水ペットボトル500ml配布
         (ビックカメラ女子ソフトボール高崎マーク
         入り)
         
総会の前: 当社女子ソフトボールチームの試合ビデオ上映

事業報告: 事業の経過及び成果
       スライド、ナレーション使用(報告書朗読)
      対処すべき課題 社長(スライド併用)

発言者: 14名(前年比+1名) 質疑打ち切りあり

所要時間: 1時間56分(前年比+2分)

お土産(先渡し): 株主様限定特別優待クーポン(3%引き)
3枚(従来同様招集通知にはお土産配布の予定がない旨朱記)     
ビックカメラ高崎2016 リーフレット
希望者に来年の壁掛けカレンダー

 家電量販店大手。2016年8月期は減収増益で純利益は過去最高を記録。増配。

 --吸収した企業のうちコジマは順調のようだが、ソフマップは営業赤字だ。改善策は?

 「ご心配をお掛けして申し訳ない。ソフマップはもともと中古品買取とサービスサポートに強い企業だ。パソコン新品の売上が伸び悩む時代になったので、こうした強い業務に力を入れて乗り切りたい」

 --財務内容についての考え方は?

 「借入金は減ってきているが、現在かなり低コストで調達できることもあり、どこまで減らすかという目安はない。自己資本比率についての目標はないが、ROE10%を目指している」

 --今後もM&Aを考えているか。

 「今具体的な話はないが、これからも検討していきたい」

 --ジャパネット高田ではエアコンなどの新品を買うと古い品を買い上げている。

 「当社も配達の際、同種製品一点を無料で回収して喜ばれている」

 --ポイントの失効割合はどのくらいか。

 「数字は申し上げられないがそう多くない」

 --広島駅前店が開店したが、広島には地場の有力企業があるので大変ではないか。 

 「9月14日にオープンしたが、ちょうど広島の優勝で町全体が盛り上がっていたのが追い風になった。メインの入口にあえて日用品、ドラッグ、お酒などの非家電製品を置いている」

 --他社が商品の説明をユーチューブやニコニコ動画で配信している。当社もやったらどうか。

 「新商品や格安商品など分かりにくいものについては、動画を作って売り場で流している。インターネットでの配信は以前テスト的にやったことがあるが、費用も掛かることだし、現段階では検討中」

 --配当性向が低い。

 「株主還元は配当と株主優待を合わせて考えている。配当性向は18%だが、優待は現金に近い商品券で行っており、これを加えると28%くらいになる」

 --ビックカメラのポイントが10%なのにコジマは1%だ。

 「ポイントはエリアに合わせて設定している。郊外立地が多いコジマは現金割引が多い」

 --P/Lの受取手数料、支払手数料、投資有価証券売却益、減損損失の内容について説明してほしい。

 「主なものは
受取手数料 購買データをマーケティング会社へ提供した対価、業務提携関係の手数料
支払手数料 金融機関へのシンジケートローンなどの手数料
投資有価証券売却益 政策保有株の売却益
減損損失 システム更新に伴う旧システムの償却、
     グループ企業の赤字店舗閉鎖に伴う減損」

 以前当社の総会は新宿界隈で開催されていたが、昨年の浜松町に続いて今年は板橋・大山と転々。「こんな町はずれでやるなんて」とクレームを申し立てる株主もいた。確かに金城も東上線沿線の総会は初めてだが、池袋から各停3駅で駅近となれば交通不便とも言い難い。はたして来年以降、ここで定着するのか。
  

2016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火)

15-37 株式会社大盛工業(東証二部: 1844)

15-37 株式会社大盛工業(東証二部: 1844)

第50回定時総会

2016年10月28日(金曜) 午前10時

荒川区東日暮里 ホテルラングルウッド 2階 孔雀の間

最寄駅からの道案内: JR、京成日暮里駅南口に案内係

金城の出席状況: 3年連続8回目

議決権を有する株主数: 8,660名(前年比△5,453名)

開会時点の出席人数: 座席数約90の6割くらい

フリードリンク: 株主様御控室でコーヒー、紅茶、
         オレンジジュース、ウーロン茶 

事業報告: スライド、ナレーション使用(報告書朗読)

発言者: 7名(前年比△1名) 質疑打ち切りなし

所要時間: 53分(前年比△29分)

お土産(先渡し): クオカード500円券 1枚
 
 下水道施工主体の建設会社だが、太陽光発電施設開発事業等に多角化して黒字基調定着、2016年7月期は2期連続の増収増益で増配。しかし東京都との訴訟に敗れて2億の支払いを命じられ、控訴はしたものの訴訟損失引当金を積むため、現段階では今期(17年7月期)赤字の予想。
  
 --敗訴は今後の受注に影響しないか。

 「裁判中といえども都の指名を受けて入札、落札は続いていた。
変な話だが、裁判は裁判で工事とは関係ない」

 --都議会のドンといわれる自民党議員に献金しているか。

 「していない」

 --クローゼットレンタル事業は今後も増やしていくつもりか。

 「もともと社員が大幅に減ったため生じた水元本社の空きスペースを有効活用するため始めたもので、新規に土地を借りてまで拡大するつもりはない」

 --通常株式併合後株価は上がるものだが、当社の株は下がっている。原因は?

 「正直いってよく分からない」

 --資本金が過大ではないか。

 「確かに企業の規模に比較して大きいが、新株予約権の発行によって増えたものである。以前赤字が続いて資金不足に陥り、一般金融機関も相手にしてくれなかった苦しい時期に、会社建て直しに必要な資金調達の手段がほかになかったからだ。幸い、最近ようやく普通の金融機関でほぼ100%調達できるようになった。
今後は自己株買い等で資本金を減らしていくべきだが、今の状況ではまだ厳しい」

 --営業外費用の為替差損の内容は?

 「太陽光発電用の資材を輸入する際為替予約をしたら、円高になったもの」

 今日のお騒がせ男Hは出席票番号26番。というのも当社の総会は受付開始と同時に(あるいは開始以前に?)関係者と思しき株主が大挙して入場、最前部の席を占拠するのがお約束だから。
冒頭Hと議長のやり取り。

 --前にいるやくざのような奴は社員か。下請けか。

 「株主です」

 いつも議長の発言に熱烈拍手と「議事進行」の掛け声でにぎやかな当社の総会だが、いきなりHに一発かまされて静かに。ようやく議決の段階になってちらほらと「異議なし」の声。 

201610

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年10月31日 (月)

16-36 株式会社ティー・ワイ・オー

16-36 株式会社ティー・ワイ・オー
                (東証一部: 4358)

第35期定時総会

2016年10月27日(火曜) 午後2時

目黒区下目黒 目黒雅叙園 2階 舞扇

最寄駅からの道案内: 要所に案内係を配置
            (JR、東急、地下鉄目黒駅正面口)
           
金城の出席状況: 昨年定時総会から臨時総会を挟み3回連続
         
議決権を有する株主数: 15,031名
                (前回期末比△856名)

開会時点の出席人数: 座席数約680の1割くらい

フリードリンク: ロビーに給水器を設置  

総会の前: PRスライド上映

事業報告: 社長(スライド併用)

発言者: 4名(前回定時総会比△4名) 質疑打ち切りなし

所要時間: 1時間4分(前回定時総会比△14分)

お土産: なし(用意してない旨招集通知に朱記) 

 株式移転により株式会社AOI Pro.(証券コード9607)と資本経営統合することとなったため当社として最後の総会となった。
2016年7月期は増収減益、配当据置。テレビがメディアの王様である時代が終わり、生き残るための統合と説明。統合後の株主優待については未定とのこと。

 --電通で労働問題が発生しているが、当社への影響は?

 「48年前に自分がこの業界に入った当時はまだ徹夜も当たり前だったが、この10年ほどそのようなことはなくなっている。
当社としても残業管理はさらに厳しくし、役員会で一定時間以上の残業は全面禁止とするよう決議した。電通との仕事には特に影響は出ていない」

 --長期療養者の人数は。

 「2名。他社と比べて多いとは思わない」

 --社長の所有する不動産を会社に売却したそうだが.......。

 「北軽井沢の山小屋を会社の福利厚生施設にするために譲った。
公正な鑑定評価に基づいて譲渡し、利用度は高い。自分は売却後一度も行っていない」

 --持ち株0の取締役が多い。

 「株主と取締役は直接関係ないと思う。自分は創業当時25%の株を持っていたが、現在は6%くらいで、統合後はその半分ほどになる。資本と経営は分離すべきだ。上場会社なのに創業家が6割も持っている会社があるがおかしい」

 先日ひらまつの総会でお騒がせ男Hから出席票番号1番を奪取したA氏が今日も1番。「H氏は立川の方へ行っているので今日は来られない」と報告すると、社長は「最後の総会なのでお会いしたかったが残念」と応じた。

 社長は合併後ホールディングカンパニーの代表取締役となるので、代わってTYOの社長、副社長に就任する両名から閉会後に挨拶があった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月29日 (木)

16-35 株式会社フルヤ金属(ジャスダック: 7826)

16-35 株式会社フルヤ金属(ジャスダック: 7826)

第48期定時総会

2016年9月28日(水曜) 午前10時

豊島区南大塚 ホテルベルクラシック東京 6階 コンチェルト

最寄駅からの道案内:なし(山手線大塚駅南口) 

金城の出席状況: 初めて
         
議決権を有する株主数: 1,728名

開会時点の出席人数: 18名(うち女性2名) 

フリードリンク: ロビーでセルフサービス、紙コップの
         冷水とティーバッグ(ほうじ茶、煎茶)  

事業報告: 社長(スライド併用)大筋で報告書朗読

発言者: 2名 質疑打ち切りなし。

所要時間: 32分

お土産: なし

 工業用貴金属製造。2016年6月期は減収減益。配当据置。

 --米国と韓国に子会社があるが、どんな会社か。

 「いずれも当社製品の販売会社だが、グループ全体への影響は軽微である」

 --配当性向が100%を超えているが、配当政策をどう考えているのか。

 「将来の成長が期待できるという自信の表れである」

 --社長は後継者についてどう考えているか。

 「同族色を排してパブリックな会社にしていくことを考えている。後継者は明日にでも何とかなるので、機会を見てバトンタッチしたい」

 --従業員の勤続年数が短い。

 「最近かなり発展したので、積極的に中途採用を行ったが、すぐ辞めてしまう人も多いので、反省して新卒を毎年10~20人採用するようになり、彼らが頑張ってくれている。これからも新卒をしっかり教育していくつもりだ」

 大塚で総会というのは珍しい。会場のホテルはJR駅ビル隣接で交通至便、道に迷うこともないが、入口に何の掲示もなく、館内に入っても総会会場の案内なしというのはいただけない。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16-34 株式会社アーバネットコーポレーション

16-34 株式会社アーバネットコーポレーション
               (ジャスダック: 3242)

第19回定時総会

2016年9月27日(火曜) 午後2時

中央区銀座 銀座ブロッサム(中央会館)ホール

最寄駅からの道案内: 要所に案内係を配置
               (有楽町線新富町駅1番出口)

金城の出席状況: 初めて
         
議決権を有する株主数: 10,922名

1時45分現在の出席人数: 385名(会社側発表)

フリードリンク: 会場入り口でエビアン350ml  

事業報告: 一部 社長
      一部 スライド、ナレーション使用

発言者: 13名 質疑打ち切りあり

所要時間: 2時間7分

お土産(後渡し、開会前退出時入手可): 虎屋の羊羹  

 投資用ワンルームマンションを開発し、1棟売りするのがが主
力業務。2016年6月期は減収減益だが当期純利益を上回る配
当を実施。

 (お騒がせ男H 出席票番号1番)
 --在庫物件の評価額はどうしているのか。

 「売買契約を結んでいるものについてはその価格、結んでいないものについて監査人から要求があれば、鑑定士の鑑定価格」

 (お騒がせ男H 出席票番号1番) 
 --鑑定価格と実際の価格は違うのではないか。

 「不動産市況は10年に1回大きな波が来る。今、業界でもそろそろ来るのではないかといわれているので、いつでも対応できるようにしている。一番大事なのはキャッシュフローなのでこれを念頭に置いて運用している。当社のメインビジネスは販売会社や国内外の投資家に対する1棟売りなので、右肩上がりが続いていれば販売を引き延ばした方が結果的に収益を上げることができるが、現在は早めに売却先を決める方向でやっている」

 --開発エリアは城南地区が中心か。

 「東京23区内で、駅から10分以内が基本。ほとんどが環状8号線の内側で、例外は調布と武蔵小杉くらい。小人数でやっているのでエリアはあまり拡大できない。全国的に人口が減っているが、東京はまだ増えている。仕事のあるところに人が集まるので、若い人や単身者が多い。そうした人々のための賃貸物件は大田、品川、板橋などが多く、最近は港、中央も増えている。今後とも東京中心の方針は変えない。不動産市況はリゾート、郊外から崩れ、都心は最後になる」

 --都内ではだんだん適当な土地が無くなってくるのではないか。土地の取得方法は?

 「信託銀行、仲介会社からの情報が多い。借地権等がからんで、建築ができなかったり、地代が低かったりする土地が多いので、その有効活用方法を提案し、まとめあげるのが、土地取得の有力な方法である」

 --長期借入金残高の割に支払金利が多すぎないか。

 「過去に借りた分も含んでいるが、直近の新規借入分の金利は1.5%弱である」

 --最近10年ぶりに戸建住宅を手掛けたが社長の思いがあったのか。

 「マンションを主力としているが、競争が激しい中で小さい土地が手に入ったのでやってみた。今後もチャレンジしたい」

 --対処すべき課題で販売力の強化をうたっているが、具体的にはどういうことか。

 「基本的には小人数でやるということ。監査役まで入れて総勢約50名だ。新人の採用と教育は重要で以前は定期採用を行っていたが、リーマン・ショック以後は時間的余裕がなく、中途採用に切り替えているのが現状だ。そろそろ新卒を採用して育てなければと考えている」

  --横浜市のマンション傾斜問題を引き起こした三井住友建設を使った物件はあるか。

 「ない。業界としてもショックなニュースだ。当社の場合、設計事務所が厳重にチェックしており、今のところ問題は起きていない」

 --免震型のマンションを作る考えはないか。

 「当社のような敷地が小さい物件では無理」

 --民泊用のマンションを作る考えは?

 「旅館業界の反対もあって、なかなか決まらない。研究はしているが、先頭を切ってやることではないと考えている」

 --社員の勤続年数が短いのではないか。

 「社員数が少ないので、ひとりふたり新しい人が入るとすぐ平均が下がってしまう」

 --B/Sの長期借入金45億に対して、1年以内返済予定の長期借入金が57億もある。返済期限の平準化を図るべきではないか。

 「当社の借入金の期間は平均2年前後で実質的に中期借である」

 --一部市場への昇格は考えているか。

 「まだいろいろ課題があるが、それらをクリアして適当なタイミングで昇格できればと考えている」

 --女性の活用をどう考えているか。

 「不動産・建築業界は男社会なのが現状だが、社会の流れとしては女性の活躍に期待しており、社員の中から育てていきたい。
候補者もいるので近い将来実現すると思う」

 会場に入ると青い縞模様の帽子を被ったお騒がせ男Hが最前列中央の席に座っていた。今日午前のTYOは、昨年の定時総会で議長から来年またお会いしましょうといわれていたのに欠席だったが、他社の総会にでも出ていたのだろうか。今日はなぜかいつもと違い開会時刻が近づいても立ち上がってしゃべり出すこともなく、ぽつねんと座ったままで、体調が悪いのではないかと心配させるほど。結局冒頭に挙手、質問したが答弁は最後まで聞かずに出ていってしまった。

1
2

3




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月28日 (水)

16-33 株式会社ティー・ワイ・オー

16-33 株式会社ティー・ワイ・オー
                (東証一部: 4358)

臨時総会

2016年9月27日(火曜) 午前10時

目黒区下目黒 目黒雅叙園 2階 舞扇

最寄駅からの道案内: なし(JR、東急、地下鉄目黒駅正面口)
           会場近くの街角に案内係 

金城の出席状況: 昨年の定時総会に続き2回目
         
議決権を有する株主数: 15,031名
            (前回期末比△856名)

開会時点の出席人数: 座席数約610の1割くらい

フリードリンク: ロビーに給水器を設置  

発言者: 17名(質疑打ち切りなし)

所要時間: 1時間39分

お土産: なし(用意してない旨招集通知に明記) 

 株式移転により株式会社AOI Pro.(証券コード9607)と資本経営統合することにつき承認を求める臨時総会。業界2位と3位が共同でホールディング・カンパニーを作ることによって業界1位へ。最近の広告業界でTVが単なる多数の媒体のひとつとなり、競争が激化しているのに対応するもの。今後のスケジュールは12月28日上場廃止。12月31日決算期末。株式移転比率はAOI1に対し、当社0.18だが、これは両者の発行株式数に約5倍の開きがあるため。

 --合併のメリットは?

 「一般論としては業界第1位の会社になることによって、機関投資家の投資対象として有力になり、企業価値が向上すること、社員にとって会社がより安定した力のあるものになること、ファイナンス面、財務面の力が強くなり、会社の発言力が大きくなることなどである」

 --持ち株会社の下に事業会社をふたつぶら下げるだけでは合併のメリットがないのではないか。

 「例えば三越と伊勢丹は同じデパートでもイメージや客層が違うが、広告業界も同じだ。事業会社が分かれていても、仕入れ部分の一体化、取引先への交渉力強化等のメリットはある」

 --AOIに吸収されるのではないか。

 「若干の時価総額の差はあるが、吸収ではなく、全くの対等合併だ。持ち株会社は自分とAOI社長の二人代表制で、社長、専務等の肩書はつけない。また株主総会でお目に掛かれるのではないかと思う」

 --持ち株会社の規模と所在地は?

 「自分を含めて20名程度。場所は両社の中間、白金あたりを考えている」

 --なぜ合併比率を決めてしまったのか。合併当日に決めればよいのではないか。

 「特殊要因で変動した瞬間の株価で決めるわけにはいかない。
契約時に決めるのがルールである」

 --来年1月(本来の中間決算時)の株主優待はどうなるか。

 「申し訳ないがありません」

 議長は即答できず、事務方に耳打ちされてようやく回答。株主の利害に大きく関係する事項を事前に頭に入れておかなかったのは感心しない。

 --12月31日決算に対する総会は開かれるのか。

 「制度上やらないことになっているので、当社としての総会は7月決算に対するもの(10月27日予定)が最後で、その次は新会社が12月決算なので、再来年の3月になる」

 --総会の出席人数がこんなに少ないのに第二会場まで用意したのは経費の無駄遣いではないか。

 「一昨年は(お土産を出したこともあって)600~700人もご来場され、実際に第二会場を使用した。今回も重要な問題なので、かなり多くの方がお見えになると思ったが意外に少なかった。人数の読みは難しい」

 --取締役の数が多すぎる。

 「役員の数については毎回ご質問をいただいているが、それが非効率の原因だとは考えていない。各部門の代表が取締役会に参加していることで、そこで決まったことを翌日からすぐ実行できる。ただし合併後は役員数を減らうことになっている」

 議案採決にあたり反対意見の株主を確認。総会で合併反対の意思表示をしておくと、会社に持ち株買取を請求する権利が発生するからだが、1名のみ挙手。  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧